Design Concept ネクストステージをめぐるデザインについて

logo-design

ネクストステージのコミュニケーションは、
キュレーター/プロデューサーの生駒尚美氏がプロデュースしています。
 
 
ロゴをデザインしてくださったのは、東京藝術大学教授で、アートディレクターの松下計氏。ネクストステージの施術から感じられる「信頼感」「本物感」を意識した、落ち着いたデザインとなっています。
 
 
また、内装デザインを担当してくださったのは、国際的に活躍するインテリアデザイナーの橋本夕紀夫氏。「身体感覚を刺激し、五感を通じて何かを感じることのできる空間」「自然の持つ力をさまざまなカタチで表現することにより、自然と人、人と人がつながってゆくイメージが得られる環境」を目指してデザインされました。

テーマは「宙・空・地」。

エントランス

コンセプトは「空」。光沢のある真っ白な床と壁。その中央に配された通路では、雲の上にいるかのような浮遊感を感じさせます。


施術室

デザインコンセプトは「宙」。曲面で構成された天井から柔らかな光が降り注ぎ、広大な宇宙へと広がるイメージ。カーペットも光の輪をモチーフに制作されたオリジナルです。


Kayoko Fujimoto Memorial 虹と光のラウンジ

多くの人の癒しを願いながら夭折した創業者を記念して設置された多目的スペースです。
デザインのコンセプトは「地」。床には1500本の水晶のバーが埋め込まれ、カーテンは光をはらみます。大地のパワーと神聖な広がりを感じさせる空間。アーティスト松尾高弘氏とBIWAHOUSEのコラボレーションによるライトオブジェ「LUCIS」が、たくさんの虹を振りまきます。